旅へ

世の中は、ひどい。
世の中はひどいがわっしは取りあえずここ(どうしようもないほど悲惨な姿になった世界)で暮らしてゆかなくてはならないので、いろいろ仕度や工夫をします。
まずベンキョーした。
机に天使の絵をナイフで刻んだりしながらオバカ教師の気が遠くなるほど退屈な授業を耐え忍んだ。
あちこちの国に出かけていろいろな街や森や砂漠や沼沢を見た。
長じては、訳のわかんねえ言語を読んだり書いたりするようにもなった。
科学をベンキョーした。
おそるべし、わしにはお月様がなぜ地球に落ちてこないのか説明できるのです。
人間の身体をばらしてぶっくらこいたり、ビョーキについてベンキョーした。
サンスーも出来るぞ。5足す6は11である。
限りなく近づくとは、どのくらい近づけばいいの?
23人のひとが一室にいるとすると、そこには、驚くべし、半分を越える確率できみと誕生日が同じひとがひとりいるであろう。

基本的な知識を身につけると、今度は経済的な準備をした。
わっしは中松博士路線を採用した。
将来、一応、おじーちゃんわね、おもいつきで人生をスタートしたのさ、ひゃっひゃっひゃっ、とゆーのが、これからマジメに人生を過ごそうと緊張している孫にとってはいちばん迫力のある人生観だろうという未来を見据えた受け狙いの行動であったが、うまくいっちった。
その後はレーサイ投資家に転身した。
転進、ちゃうで。
あれは日本軍の用語で「敗けて逃げちまったべ」という意味です。
売春を援助交際、誘拐を連れ去り、と言い換える不思議にもバカバカしい文化的習慣と同じ系譜に属する言い換え文化だすな。
そーではない。
転身。
トラバーユ、とむかしの日本人は呼んだもののよーである。

それから、わっしは恋をしていた。
40歳になるまで、そんなことはしねーべな、と思っていたのに20代もまんなかとかで愚かしくも結婚しちった。
アホじゃの。

世の中は、ひどい。
生きる価値がほんとにあるのかどーか、わっしにはわからん。
信じがたいことではあるが、わっしはいつかビョーキになるであろう。
ますます信憑性のないことだが、いつか、わっしは年をすらとるもののよーである。
そんでもって実感できないことであるが、みながいうには、人間は必ず死ぬものだそーだ。
うっそー、と思うが、わっしの科学的知見を総動員した限りでは、人間はほんとにひとり残らず確実に間違いなく死ぬのです。
それに思い至ると、わっしはいつも廊下を思い切り駆けていってモニにキスしにゆきます。
わっしがどれほどモニを愛しているか言いにゆく。
モニは、笑います。
ヘンな奴、という。
でも、わっしは必ず走っていってキスをする。
それ以上のことをすることもあるが、….えへん、そういう品のないことを書くわけにはゆかん。
オトナの世界にはいろいろと秘密があるのです。

東京にはあんまり適切な場所がないが、それでもわっしはモニと一緒に踊りにゆく。
阿波踊りではない。
アフリカ人のダンスに似たクールなステップの盆踊りでもない。
そーゆーのもまじでカッチョイイが、モニとわっしが踊るのは、わしらの文化圏の踊りです。
壊れたリズム。
大きな素数のリズムが鳴り響く床を踏みしめる。
頬をつけて、お互いの肌にふれる。
モニの身体は、信じられないような良い匂いがします。
天使の肉体にも匂いがあるなら、きっとこんな匂いだべ、という匂いがする。

くたびれはてて部屋にもどってくると、モニもわしも眠る。
大きなベッドの上で向かいあって小さくなって眠る。
暗い部屋のなかで明るい夢を見ます。
わっしは自分の夢のなかにモニが出てくるととても嬉しい。
死んだあとでも、モニを探しに行けば、モニはわしを見つけてくれるだろうか、と真剣に心配します。
死んだあとでも、わっしが側によってモニに呼びかければ気が付いてくれるだろうか。
そうなっても、いつも一緒にいてくれるだろうか、
わっしが一日中考えているのは要するにそれだけのことです。

もう良い匂いをかぐのは肉体がないから無理だが、それでもいいから、わっしはモニと一緒にいたいと思う。
そう思って必死に願っているうちに眠ります。
モニのやさしい手がわっしの髪のうえにある。

小さな死を毎日死にながら、わっしは、無惨なこの世界を旅して歩く。
ちょっと焦点のずれた映像やかすかに調子の外れた旋律を書きとめる。
人間はとてもヘンな生き物だったが、おもしろいところがあるやつらだった。
人間はたいていの場合愚かで残酷だったが、ときに一瞬宇宙の輝きがますような思考をもつことがあった。
人間はウソをついたが、そのウソのなかには最も美しい真実よりも美しいウソがあった。

神様。

(2009年以前)

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *